ソファにピッタリなラグマットの選び方を解説します!

ソファといえばラグマットが気になるものですが、迷ったり失敗しない為に、選び方を確認して選ぶことをおすすめします。

ラグマット選びのポイントは大きさや色、質感だけでなく、ソファとの組み合わせ方も無視できないです。

ラグマットの敷き方にはソファの前に敷く方法と、ソファの下に敷く方法があります。

前者の前に敷く方法は配置に自由度があって、ソファとあえて離して置くことができるのがポイントです。

一方、後者の下に敷く方法は、お部屋のスペースの都合でソファの前に敷けない場合に適しています
また好みのデザインでお部屋のサイズに合うものがない、そういう場合の妥協点にもなります。

ソファの前に敷くラグマットを選ぶ時は、予めお部屋のサイズを測り、余裕を持って敷けるサイズのものを選びましょう。

壁から壁まで床を覆うジャストフィットはカーペットならありですが、ラグマットはそもそも床の一部を覆うものなので、ジャストフィットはむしろNGです。

タイト過ぎると余裕がない印象を与えてしまうので、お部屋のサイズよりかなり小さめも検討するのがおすすめです。

とはいえ、小さ過ぎると今度はソファとのマッチングに違和感が生まれるので、お部屋のサイズとソファから最適解を導き出したいところです。

ソファの下に敷くラグマットは、床の傷を防いだり滑り止めとしての機能を求めることができます。

確かにラグマットの上にソファを置けば床は傷つきませんが、ラグマットに跡がつくことは避けられないでしょう。

ラグマットに跡がつくのを避けたいのであれば、ソファの下に敷くのは諦めて、ソファの前に敷くラグマットを選ぶべきです。

当然ですが、床にソファを直におけば脚の部分に跡がついてしまうので、床を保護する脚カバーなどの装着を検討しましょう。

ソファと組み合わせるラグマットは、食べ物のカスが散らばってこぼれたり、飲み物をこぼして汚す可能性を考えることが大切です。

つまり、毛足が長いと掃除しにくくて食べカスが綺麗になりませんし、飲み物は奥まで吸い込んでしまい、結局丸洗いしないと綺麗にならない結果となります。

冬場は足元が温かい毛足の長いラグマットを選びたくなりますが、お手入れしにくい点については留意すべきです。

近年は、毛足が短くても保温性の高い温かいラグマットが充実していますから、毛足の長さに拘らないならこちらのタイプがおすすめできます。

ストーブではなく床暖房のお宅の場合は、熱がこもって熱くなる恐れがあるので、床暖房でも使えるタイプを選びましょう。

ソファだけでなく床に寝転がるのも好きな人には、もちもちとしていて癒される感触のラグマットが狙い目です。

適度な弾力と反発性を併せ持っていますから、足で踏んだり指で押すだけでも癒されるでしょう。

既にお気に入りのラグマットを使っていて、もちもち感をプラスしたいのであれば、ラグマットの下にもちもちの滑り止めを加えればOKです。

これならお気に入りを諦めることなく、好みのデザインのラグマットにもちもちの感触が追加できます。

小さい子供が床に座って遊んだり寝転がるなら、ホコリが出にくくて抗菌や撥水加工が施されているものがベストです。

ホコリはダニを招きますから、毛足が短かったり繊維がほつれにくい素材が好ましいです。

抗菌は菌の増殖を抑えてくれるので、抗菌加工済みのラグマットはまさに、小さい子供にも安心して過ごさせることができます。

撥水加工は水をはじく加工のことですが、飲み物をこぼしても綺麗に拭き取れたり、水拭きをして衛生的に保てるのが魅力です。

水洗いをしてもすぐに乾きますから、まるごと洗う必要がある場合でも扱いやすく便利です。

このように、ソファに合わせるラグマット選びにはいくつもポイントがありますが、ポイントを理解すれば最適と思われるラグマットが探しやすくなるでしょう。

関連記事

  1. 丈夫なソファの選び方|ソファの耐久性についてまとめました!

  2. ソファのダニ対策|効果的な予防方法・駆除法を解説します!

  3. ソファの臭いの原因と消臭方法についてまとめました!

  4. 長持ちするソファの選び方とアフターケアについて解説します!

  5. ソファの寿命ってどれくらい?買い替え時期や処分方法を解説します!

  6. ソファに飲み物をこぼしてしまった時の対処法を解説します!

  7. ソファの素材って何がある?それぞれの特徴と選び方をまとめました!

  8. ソファへの猫の爪とぎ対策とおすすめグッズを解説します!

  9. ソファの相場ってどれくらい?種類ごとの相場を比較解説します!

Pick UP

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP